先生からの寒中見舞い

私が勝手に先生と思っているYさんから今年も寒中見舞いが届きました。

Yさんは年賀状を出すのをやめているのですが(年末年始に海外にいってたりするためらしい)

年賀状の代わりに寒中見舞いを出されています。


以下、その寒中見舞いから


年末から○○(場所)、老老介護です

多くの最後を看取った女性介護人から聞いた共通の後悔は

・自分に正直な人生をいきればよかった。

・働きすぎなければよかった。

・友人と連絡をとりつづければよかった。

・もっと幸せを求めればよかった。

だそうです


Yさん、私は死ぬとき、きっと後悔しないと思います。

でも愛犬が死ぬときはどれだけ頑張って毎日を過ごしても後悔しそうで怖いです。

Sheltiemomo

小さなお母さんシェルティのモモ、2015年に生まれたタケルとムサシ、2016年に生まれたベンケイ。シェルティ家族と人間夫婦の楽しい毎日♪  This website is written in Japanese. Please use online translation service.

0コメント

  • 1000 / 1000